終わらない夢を描こう【Mr.KINGとKing&Prince】



誰かに何かを伝えたいわけではなく、自分の気持ちを残しておきたいから書きます。













2018年1月17日、King&Princeのデビュー発表。


最愛のグループがいなくなった。唐突に。



Mr.KING 3人でデビューする」のを夢見ることが生きがいだったから、

祝福の気持ちよりも喪失感が大きかった。


でもやっと認められたんだって、嬉しかった。

デビューまでに何があったか知るまでは。














2017年夏のEX、キンプリ公演での歓声を浴びて、

紫耀くんは「この6人でいく確信がついた」らしい。そして直談判。


そう考えるのも間違いないくらい、キンプリ公演でのファンの声援は大きかった。


Mr.KINGのファンはじっと見守るタイプの人が多いのは本人たちもファンも周知の事実で、グループごとに映し出されるファンの色があっていいと思ってた。


でも、もしMr.KINGだけに向けられた声がキンプリのそれよりも大きかったら、未来は違っていたのかな。




紫耀くんが、3人が、Mr.KINGを壊す選択を取ったことがショックだった。


選ばれたグループなら仕方ないけど、

自分たちで選んだグループなんだと知ってからは、仕方ないとは思えなかった。


だから、もしあの時こうしてれば…ばかりを考えてしまう。







私は関西ジャニーズJr.だった紫耀くんも廉くんも忘れたくなかったし、大好きだから、

長い間「Mr.KINGが好き」って、声を大にして言えなかった。


正直、「Mr.KINGを好きにならないでおこう」とも思っていた。


Mr.KINGとしていられた期間は限られたものだったのに。

その時間の大半を、声を殺して応援していた。




もっと「Mr.KING 3人が最高だよ!!」と伝えられてたら、

紫耀くんに、「この3人でいける」って思ってもらえたかな。


大好きなMr.KINGは、なくならなかったのかな。






Mr.KINGが好きであることがアイデンティティだった。今もそう。


だけどこれからは、「Mr.KINGが好き」という発言は、(それ以外は好きじゃない)という意味を含んで伝わってしまう可能性がある。


Princeを好きな人たち、これからKing&Princeのファンになる人たち、何より本人たちを、傷つけてしまうかもしれない。こんな悲しいことはない。


じゃあなんて声をあげたらいいの?

って、立場が苦しくなって、何も言えなくなる…







贅沢言ってることは重々承知してます。


過去いろんなグループのデビューの形があった中、

3人がバラバラにならなかったこと

ある程度予測されていたグループ編成だったこと

デビューできたこと


幸せだと思う。




なにより、

ずっと3人が一緒にいられる未来が約束されて、

ずっと3人と一緒にいられる未来が約束された。


それさえあれば生きていける気がする。




でも、Mr.KINGが忘れられなくて、特別に大好きです。

それはきっとこれからも変わらないし、

思い出が宝物だから、変えたくない。



でも、紫耀くんが必死になって手にいれたグループ、King&Princeも大切にしたい。


今の目標は、デビュー会見で紫耀くんが言った「皆さんが胸を張って言えるようなグループ」にすること。

世間にとっても、私にとっても。


だって、紫耀くんと同じ方向を見ていたいから。







Mr.KINGとデビューを目指した日々、ほんとに楽しかったなぁ!


紫耀くん、廉くん、かいちゃん、夢が一つ叶ったね。

これからもみんなと夢を見たいです。


後ろを見る余裕もないくらい、目を離せないようなキラキラしたグループになってほしいな。







King&Prince、デビューおめでとう。